※下記は20代後半でアスク井上クリニックで700株、70万円で植毛手術(FUE)をした管理人の植毛ビフォーアフターです。

ビフォーアフター

当サイトは、各植毛クリニックの無料カウンセリングに実際に行き、実際に20代で自毛植毛を行った管理人が植毛クリニックを徹底比較し、どの植毛クリニックがいいのかを本音でレビューしているサイトです。

自毛植毛手術はおろか、各クリニックにカウンセリングにも行かずに嘘っぱちの情報ばかり掲載している他サイトとは決して違います。

育毛シャンプー・育毛剤・フィナステリド・ミノキシジルなど、あらゆる方法を試してハゲ(特にM字ハゲ)を治そうと試みたけど効果が薄くて・・・。

こういう方で、20代で自毛植毛を検討しているけど、どの植毛クリニックを選べばいいか分からないと悩んでいる方には、是非ともご参考にして頂きたいと思います。

先に、自毛植毛を行うべき人、手術するならどういう植毛クリニックを選べば良いのかの結論をお伝えします。

(自毛植毛は)フィナステリド内服やミノキシジル外用により十分な改善が得られない男女の症例に対して,十分な経験と技術を有する医師が行うとよい。

私も上記根拠を元にクリニック選び&手術をしましたので、当サイトでも上記根拠を基準におすすめクリニックを選定しています。

20代におすすめの植毛クリニックランキング

20代の植毛はFUE(メスを使わない手術)を軸に考えればOKです。20代であれば私を含め、1000株以下の植毛が大多数です。

FUT(メスを使う手術)は後頭部に傷が残っってしまい、20代から後頭部に傷を残すのはリスクが大きいです。

FUE・FUTの両方の手術を行っているクリニックの先生も、「若くて植える株数も少ないんだったらFUEでいいよ」と言っていましたからね。面談で確認しました。

なので、20代の植毛はFUEが得意なクリニックを軸に選んでいけばいいという結論に至ります。では、FUEの得意なクリニック、ベスト3をご紹介します。

※掲載している植毛費用は、1000株(グラフト)計算での価格となります。

  1. アスク井上クリニック

    アスク井上クリニック

    実績 5.0
    症例数 4,200件以上(FUE) ※井上院長のみ
    執刀医 井上院長
    費用 98万(FUE) / 170万(刈らないFUE)
    基本治療費 18.5万
    エリア 新宿のみ
    無料カウンセリング 【面談者】井上院長

    国内のFUE手術の第一人者でアイランドタワークリニックの創始者です。その井上院長がアイランドタワークリニックの優秀な看護師・スタッフを引き連れて開院したのが、アスク井上クリニックです。FUE手術において井上院長の右に出るドクターはいないので、FUE手術を希望する場合は、新宿にしかクリニックはありませんが、第一候補として考えましょう。私も、アスク井上クリニックで手術を受けました。現在、キャンペーン割引を実施中のため、今だけ上記費用から30万円近く安く手術可能なのでおすすめです。i-SAFE

  2. ※アスク井上クリニックでは、通常のFUEをスタンダード i-SAFE。刈らないFUEをアンシェーブン i-SAFEと呼んでいます。

  3. ヨコ美クリニック

    ヨコ美クリニック

    実績 5.0
    症例数 15,000件以上 ※今川院長のみ
    執刀医 今川院長
    費用 87万(FUE)
    基本治療費 なし
    エリア 横浜のみ
    無料カウンセリング 【面談者】今川院長

    FUEに取り組み始めたのは、井上院長より後なのでFUT程までの実績はありません。ですが、FUT・FUEをトップレベルで手術可能なのは今川院長のみです。手術費用もアスク井上クリニックより安いので、FUTの話も聞いてみたいという場合は、今川院長に相談されるのがいいでしょう。

  4. AGAルネッサンスクリニック

    ルネッサンスクリニック

    実績 4.5 ※長井ドクターのみ
    症例数 年間800件以上(ARTAS) ※クリニック合計
    執刀医 地域により異なる
    費用 88万(ARTAS)
    基本治療費 なし
    エリア 新宿、大阪、福岡、仙台
    無料カウンセリング 【面談者】医師

    ルネッサンスクリニックのFUE手術は手動ではなくARTASというロボットを使います。移植毛を人がくり抜くか、ロボットがくり抜くかの違いなのですが、前者のほうが精度が高いです。ただ、名医とされている長井ドクターが在籍しているクリニックなので、九州に在住されている場合は、長井ドクターにまず相談されるのがいいでしょう。

無毛部分は植毛でしか生えない

私は生まれつきM字はげで、高校生のときに更にM字はげが後退していきました。本当にとても辛い日々でしたね。はげで悩むあなたなら分かって頂けるはずです。

辛かったことを1つずつ挙げると切りがないですが、何をするにしてハゲのことが頭から離れず、何をしていても心底楽しめない。

そんな毎日でとにかく終わった人生でした。

でも、何とか髪の悩みから解放されたいと思い、大学生になった20歳前後から28歳までハゲを治すために色々頑張りました。

  • 育毛シャンプー(スカルプD、インディアンシャンプー)
  • 育毛剤(プランテル、BUBUKA、チャッチアップ)
  • サプリメント(ノコギリヤシ、L-リジン、亜鉛)
  • フィナステリド内服(フィンペシア1mg)
  • ミノキシジル外用(ロゲイン、リアップ、カークランド、ザンドロックス)
  • ミノキシジル内服(ミノキシジルタブレット5mg)

これだけやりましたが、結果は現状維持がやっと。無毛部分から発毛することは一切なかったです。これが現実でした。

あなたは、日本皮膚科学会のハゲ治療のガイドラインの存在をご存知でしょうか?

これは、日本国内で認可されているハゲ治療内容の中で、AGA(男性型脱毛症)に効果のある治療内容がまとめられたレポートです。

評価 治療法
A 強く勧められる ミノキシジル外用(男性5%、女性1%) ※1
フィナステリド内服(男性)
B 勧められる 自毛植毛
C1 考慮しても良いが、
十分な根拠がない
塩化カルプロニウムの外用
t-フラバノン外用
アデノシン外用
サイトプリンペンタデカン外用
ケトコナゾール外用
C2 根拠がないので勧められない セファランチン外用
D 行わないように勧められる 人工毛植毛
フィナステリド内服(女性)

※1 ミノキシジル内服(ミノキシジルタブレット)は国内不認可のためガイドラインに掲載はありません。ただ、ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)の方が私は効果がありました。

2010年4月14日の朝日新聞にも上記の内容を含めた記事が掲載されていましたが、Aのミノキシジル外用(既存毛の育毛促進)とフィステリド内服(AGAの進行を防ぐ)を試してダメならもうBの自毛植毛しかないわけです。

育毛シャンプーや育毛剤などの広告がネット上では盛んですが、上記ガイドラインをみたら育毛シャンプーや育毛剤が本当にハゲに効くか効かないかは想像できますよね?

なので、もしあなたがフィナステリド(プロペシアorフィンペシア)とミノキシジル(国内不認可ですがミノタブ(内服)も視野に入れて)を試していないなら、まずはそこからスタートさせるのがいいかもしれないです。それでもダメなら自毛植毛です。

(自毛植毛は)フィナステリド内服やミノキシジル外用により十分な改善が得られない男女の症例に対して,十分な経験と技術を有する医師が行うとよい。

ただ、ミノキシジルやフィナステリドは、

  • 効果には個人差が有り、確実に効くという保証はない。特に、生え際などのM字部分には効果は期待薄。無毛部分の発毛はほぼ不可能。
  • 例え効いたとしても、使用を中止したら元の状態に戻ってしまうリスクがある
  • 長期の使用によって耐性がついてしまい、効果が弱まる
  • 内服の場合は個人差ではあるが、数%の可能性で副作用が生じる

このようなデメリットがあることを含んだ上で試すなら試してみてください。

アメリカの実験では、プラシーボ(偽薬)効果といって、偽のミノキシジル成分をミノキシジルと称して使用させると、42%の人が「毛が生えた」と回答した調査結果もあるぐらい、あくまでも効果には個人差があるということです。

ただ、効果があったとしても「多少」という程度で、生え際などのM字部分については現状維持が精一杯という方が多いです。

なので、M字はげの場合はそこまで期待はしないほうがいいかもしれないですね。私も現状維持がやっとといったところでした。

フィンペシア1mg・ミノタブ5mgを5年服用してもです。

また、生まれつきM字ハゲの場合は、ミノキシジルやフィナステリドなども効果は全くありません。これらは、あくまでもAGAに効くとされるものなので、そもそもAGAではなく生まれつき無毛状態の部分に効果なんてあるわけないとなるわけです。

なので、あなたが生まれつきM字ハゲという場合は、最初から自毛植毛という選択しかないです。

自毛植毛は本当に生えるのか?

でも、そもそも植毛して本当に生えるのか?と疑問に思っているかもしれません。あなたもそうではないでしょうか?

結論から言うと、生えないほうがレアケースです。それほど、植毛は生えるものです。

どこの植毛クリニックで植毛しても、生えることは生えます。

なぜなら、自毛植毛はAGAの影響を受けない後頭部(耳上2cmより下)の毛を移植するからです。

つまり、元気な毛が引っ越しすることになるので、生え続けるというわけです。

現在の植毛手術の生着率は95%と言われており、100本植えたら95本は生え続けることになります。

ただ、注意が必要なのは全員が全員、1度の植毛で満足できるわけではないということです。

髪の毛は株(グラフト)ごとに1本毛、2本毛、3本毛、4本毛とそれぞれ分かれており、全株の平均は1株約2本~2.5本と言われています。

日本人の場合、元気な後頭部の毛で1cm2=約160本(80株)=100%の密度なのですが、1度の植毛では1cm2=約80本(40株)=50%の密度が限界です。

これは、どのクリニックも共通しています。

そのため、薄毛のボーダーラインが密度50%と言われているため、若い方であれば1度の植毛で満足できない可能性があります。

ただ、生え際の場合は、平均2本~2.5本の株を移植するとかえって濃すぎて違和感のある生え際になるため、最前列の生え際へは平均1.5本程度の株を移植するのが一般的です。

1株あたりの本数が少なければ、当然、密度を濃くして移植できるわけですから、決して全部が全部50%の密度というわけではありません。

となれば、密度50%だから微妙とは言えないわけです。

最終的には、1本毛の太さなども仕上がりに影響してきますので、1度の植毛で満足できるかは人によりけりです。

そのため、各植毛クリニックに相談に行き、毛の太さなども診てもらったうえで自分の場合はどうだろう?と確かめることが大切になってきます。

ちなみに、女性の場合は、密度80%以上での植毛も可能なケースが有ります。

植毛するなら、傷が残らないFUE一択というのは大きな間違い

前置きが長くなり申し訳ないですが、各クリニックを比較する前に、必ず押さえておくべきことがあります。それが、FUT(切る手術)とFUE(切らない手術)の違いです。

自毛植毛には、FUT、FUEの2種類がありますが、これらの違いをしっかりと理解しないで植毛クリニックを選んだら本当に後悔します。

FUTは線傷が残るからFUEしかないだろと思っている方が実に多いですが、それはFUEゴリ押しの植毛クリニックに情報操作されているだけかもしれません。

以下をご覧ください。FUT、FUEの特徴やデリットをまとめました。

FUT FUE ※1
手術方法 ドナー頭皮をメスで切り取る ドナー頭皮をパンチで
1株1株直接くり抜く
費用 安い 高い
※FUTの約1.5倍
採取可能株数 ※2
(1度の手術)
最大3000株 最大2000~2500株
採取可能株数 ※2
(複数回の手術の合計)
最大6000株 最大4000~5000株
傷跡 縦幅1mm~2mm以下の線傷
※医師の技術に左右される
白い点状の丸い傷が多数残る
※医師の技術に左右される
達成密度 1cm2あたり最大40~50% 1cm2あたり最大40~50%
毛根切断率 低い 高い(5%以下)
生着率 高い(95%以上) 高いがFUTより低い
手術時間 日帰り 日帰り
※FUTより0~1時間プラス
手術中の痛み なし
※クリニックの技術次第
なし
※クリニックの技術次第
術後の痛み 人によってはかなり痛む ほとんどなし
移植毛が100%生え揃う時期 1年後 1年後
術後のカモフラージュ 3cm以上であればOK
※ウィッグなどは不要
5~6cm以上であればOK
※1500株以上は後頭部の大部分をスキン
ヘッドにするため、ウィッグなどが必須
術後1年後の髪型 坊主・スキンヘッドではばれる
※2cm以上は必要
坊主・スキンヘッドではばれる
※1cm以上は必要
デメリット 線傷が残る
頭皮が硬い場合、手術が困難
術後に痛みが出る場合がある
費用が高い
採取できる移植毛が少ない
移植毛が多くなるにつれ傷が目立ちやすい
ドナーロスする可能性が高い
こんな人におすすめ 薄毛の範囲が広い(3000株以上)
線傷が気にならない
短髪にしない
痛みに強い
薄毛の範囲が狭い(1000株以下)
頭皮が固くFUT手術が困難
ボディへアをドナーとして使いたい
短髪にする

※1 近年、術後のカモフラージュに難色を示す方向けに、刈らないFUEを行っている植毛クリニックもありますが、手間とドクターの高度技術が必要のため、費用が高額で積極的に実施しているクリニックは少ないです。また、ARTASもFUEの一種です。
※2 クリニックの方針によって採取可能株数はもちろん異なります。60点の結果を目指しているクリニックであれば、採取可能株数は多くなります。100点の結果を目指しているクリニックであれば、その逆もあるということです。

いかがでしたか?

FUT、FUEにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

ですので、線傷が残るからFUTはダメだというわけではありません。採取する株(グラフト)数:クリニックの技術によっては、FUEの方が傷がかえって目立つケースもあります。

ただ、一つ言えることは、FUEは採取できる株数が少ないので、3000株以上植毛する場合は要注意ということです。

FUEだけしかやっていない植毛クリニックを選ぶと後々痛い目にあう確率が高くなります。

そのため、あなたの状況によってFUTがいいかFUEがいいかは分かれるので、3000株以上でしたらFUT・FUEの両方を得意としている植毛クリニックには必ず相談に行くべきです。

決してFUE専門のクリニックだけにカウンセリングに行き、手術に踏み切ることがないようにしてください。

念のため、2000株以上の場合は両方行かれた方がいいかもしれないですね。

私も最初からFUEを希望していましたが、FUTも行っているクリニックに「FUEでも大丈夫」という確認をした後に、最終的にFUEに決めましたからね。

それと、クリニックによっては、FUTもやってると言いながら実はFUEしかやっていないなんてクリニックもあるので、注意した方がいいです。

また、近年はFUT・FUE以外にARTASロボット(FUEの一種)を採用している植毛クリニックも増えてきています。

代表的なのが、ルネッサンスクリニックやTOMクリニックなどですね。

ARTASはロボットが移植毛を採取するので、正確でスピーディーに移植毛を採取できます。採取する際は、全てロボットで行うわけではないですが、一言で言うと医師が楽できるメリットがあります。

これがどういうことか想像できますよね?

その分、費用が安い側面(年々安くなっています)もありますが、毛根切断率が8%と言われており、これはFUT・FUEより高い数字です。

また、採取するパンチの口径も大きいので、ドクターが手動でやる通常のFUEと比べて、後頭部の傷跡がより目立ってしまうというデメリットがあります。

自毛植毛クリニックの比較表

それでは、FUT・FUEのメリット・デメリットをご理解頂いた上で私が実際に無料カウンセリングに行き調達した情報を元に、全5クリニックをあらゆる視点で比較しました。

※2016年時点での独自調査の情報のため、現在とは相違点がないとは言い切れません。それを大前提でご参考にして下さい。

アスク井上 ヨコ美 ルネッサンス アイランドタワー 親和
クリニック
アスク井上クリニック
ヨコ美クリニック
ルネッサンスクリニック
アイランドタワークリニック
親和クリニック
エリア 新宿のみ 横浜のみ 新宿、大阪、福岡、仙台 新宿、名古屋、大阪、福岡 新宿、名古屋、大阪
費用(税込)
※1000株での計算
※基本治療費込み
126万(FUE)
204万(刈らないFUE)
65万(FUT)
87万(FUE)
88万(FUT)
88万(ARTAS)
151万(FUE)
238万(刈らないFUE)
151万(FUE)
248万(刈らないFUE)
ドクター数 1人 1人 6人 10人以上 6人
名医の有無 井上院長 今川院長 長井ドクター なし なし
症例数 4,200件以上
※井上院長のみの症例数
15,000件以上
※今川院長のみの症例数
1年で800件以上(ARTAS)
※クリニック全体の症例数
※具体的な症例数は非公開
20,000件以上
※クリニック全体の症例数
3,000件以上(FUE)
※音田院長のみの症例数
カウンセリング
面談者
井上院長+カウンセラー 今川院長 医師+カウンセラー カウンセラー
※医師との面談は夕方以降可
医師+カウンセラー
※日によっては医師との面談不可
執刀医 井上院長 今川院長 地域により異なる 地域により異なる 地域により異なる
総合評価 A
強く勧められる
A
強く勧められる
B
勧められる
D
強く勧められない
C
勧められない
こんな人に
オススメ
・FUEで手術したい
・周囲にバレずに手術したい
・傷跡を残したくない
・FUTかFUEか迷っている
・安く手術をしたい
・ARTASで手術したい
・九州在住
・有名クリニックが好き
・効率を重視したい
・1回で大量の株を植えたい
詳細 詳細レビュー 詳細レビュー 詳細レビュー 詳細レビュー 詳細レビュー
HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

植毛クリニックの選び方

上記の比較表を参考にして、次に目的別におすすめの植毛クリニックをご紹介したいと思います。

ただ、その前に肝に銘じて欲しいのが、植毛は「どのクリニックで植毛するかではなく、誰(どの医師)にしてもらうか」が何より重要ということです。

なぜなら、自毛植毛は外科手術だからです。

厳密に言えば、ドクターと看護師です。植毛は、ドクターと看護師の技術力で結果が決まります。

あなたは、もし命の危険がある手術をするとしたら、「安いから」とか「近いから」という理由で病院を選びますか?

選ばないですよね。

その分野でしっかりとした実績があり名医と呼ばれる先生に執刀してもらいたいはずです。私もそうです。

そうなれば、その名医が例え地方の病院でしか手術してくれなくても自分から飛んで行くはずです。

植毛手術もそれと同じです。全国にチェーン展開しているクリニックだから安心とか、植毛結果に疑いの余地がないとはならないはずです。

植毛手術の成功・失敗次第で、あなたの今後の人生は大きく変わってくるんです。

例え、生着率が95%以上と言われる植毛手術であっても、実際に植え付けるのは医師です。担当する先生の経験と技量次第でが植毛の結果は大きく左右します。

そのため、植えつけた移植毛が不自然で、生え際がガタガタに見えるなんてことも起きています。これは、採取する後頭部の傷跡にも同じことがいえます。

再度、日本皮膚科学会のガイドラインを確認してください。

(自毛植毛は)フィナステリド内服やミノキシジル外用により十分な改善が得られない男女の症例に対して,十分な経験と技術を有する医師が行うとよい。

これが、真実です。

なので、もちろん植毛費用も重要ですが、それだけをクリニック選びの基準にしたら、取り返しがつかなくなる可能性もあるということを肝に命じておくべきです。

植毛をする理由はそれぞれだと思いますが、行き着く先は、「髪のコンプレックスから解消されて、楽しい人生を取り戻すため」ですよね?

そのゴールを達成するためには植毛手術で、「植毛やってよかった。人生が変わった!」という結果にならなければいけません。

決して、「先生から事前に聞いていた話と違うじゃないか・・・」という結果だけにはなってはいけないのです。

クリニックトータルの症例数ではなくドクターの症例数を基準に考えるべき

となると、植毛クリニック選びは、「ドクターの実績と経験。クリニック合計の症例数ではなく、ドクター自身の自毛植毛手術の症例数」をまずは一番に重視すべきです。

そして、事前のカウンセリングで、

  • 手術では何株(グラフト)必要で費用はどのぐらいか?
  • それは、現在の髪の状態と将来のことを考慮した上での結論か?根拠は何か?
  • FUTではなくFUEで手術しなければいけない理由は何なのか?
  • 万一2度目の手術が必要になった場合、また植毛して解決できるのか?
  • それも考慮した上でのグラフト数なのか?
  • 植毛後の経過について不安なことがあればいつでも相談に乗ってくれるのか?

こういったことを、カウンセラーだけではなく執刀医のドクター自らしっかり説明してくれる、信頼できる医師に植毛手術をしてもらうことが大切です。

なので、時間が許す限り、全植毛クリニックに無料相談メールを送り、無料カウンセリングを受けることも非常に大事です。

植毛は外科手術で、「どのクリニックで植毛するかではなく、誰(どの医師・看護師)にしてもらうか」。

これを忘れないようにしてください。

【目的別】おすすめ植毛クリニック

※費用については、各クリニック1000株(約2000本)計算で掲載しています。

20代におすすめの植毛クリニック

  1. アスク井上クリニック

    アスク井上クリニック

    実績 5.0
    症例数 4,200件以上(FUE) ※井上院長のみ
    執刀医 井上院長
    費用 98万(i-SAFE) / 170万(刈らないi-SAFE)
    基本治療費 18.5万
    エリア 新宿のみ
    無料カウンセリング 【面談者】井上院長
  2. >>アスク井上クリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

とりあえずどのクリニックか迷ったら

  1. ヨコ美クリニック

    ヨコ美クリニック

    実績 5.0
    症例数 15,000件以上
    執刀医 今川院長
    費用 65万(FUT) / 87万(FUE)
    基本治療費 なし
    エリア 横浜のみ
    無料カウンセリング 【面談者】今川院長
  2. >>詳しいランキングはこちら

    >>ヨコ美クリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

FUEで迷ったら

  1. アスク井上クリニック

    アスク井上クリニック

    実績 5.0
    症例数 4,200件以上(FUE) ※井上院長のみ
    執刀医 井上院長
    費用 98万(i-SAFE) / 170万(刈らないi-SAFE)
    基本治療費 18.5万
    エリア 新宿のみ
    無料カウンセリング 【面談者】井上院長
  2. >>詳しいランキングはこちら

    >>アスク井上クリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

術後、誰にもバレずに植毛できる

  1. アスク井上クリニック

    アスク井上クリニック

    実績 5.0
    症例数 4,200件以上(FUE) ※井上院長のみ
    執刀医 井上院長
    費用 98万(i-SAFE) / 170万(刈らないi-SAFE)
    基本治療費 18.5万
    エリア 新宿のみ
    無料カウンセリング 【面談者】井上院長
  2. >>詳しいランキングはこちら

    >>アスク井上クリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

医師の実績と経験

  1. ヨコ美クリニック

    ヨコ美クリニック

    実績 5.0
    症例数 15,000件以上 ※今川院長のみ
    執刀医 今川院長
    費用 65万(FUT) / 87万(FUE)
    基本治療費 なし
    エリア 横浜のみ
    無料カウンセリング 【面談者】今川院長
  2. >>詳しいランキングはこちら

    >>ヨコ美クリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

植毛費用の安さ

  1. ヨコ美クリニック

    ヨコ美クリニック

    実績 5.0
    症例数 15,000件以上 ※今川院長のみ
    執刀医 今川院長
    費用 65万(FUT) / 87万(FUE)
    基本治療費 なし
    エリア 横浜のみ
    無料カウンセリング 【面談者】今川院長
  2. >>詳しいランキングはこちら

    >>ヨコ美クリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

人気のクリニックで選ぶなら

  1. アイランドタワークリニック

    アイランドタワークリニック

    実績 3.0
    症例数 20,000件以上(FUE) ※クリニック合計
    執刀医 地域により異なる
    費用 120万(i-direct) / 200万(刈らないi-direct)
    基本治療費 20万
    エリア 新宿、名古屋、大阪、福岡
    無料カウンセリング 【面談者】カウンセラー+医師(時間帯による)
  2. >>詳しいランキングはこちら

    >>アイランドタワークリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

AGAの進行度別(必要株数)

2000株以下の植毛

※M字ハゲで左右ともに2cm未満の後退の場合、1000株未満で植毛手術可能です。

  1. アスク井上クリニック

    アスク井上クリニック

    実績 5.0
    症例数 4,200件以上(FUE) ※井上院長のみ
    執刀医 井上院長
    費用 98万(i-SAFE) / 170万(刈らないi-SAFE)
    基本治療費 18.5万
    エリア 新宿のみ
    無料カウンセリング 【面談者】井上院長
  2. >>詳しいランキングはこちら

    >>アスク井上クリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

2000株以上の植毛

※M字ハゲで左右ともに2cm以上の後退の場合、1000株以上必要となります。

  1. ヨコ美クリニック

    ヨコ美クリニック

    実績 5.0
    症例数 15,000件以上 ※今川院長のみ
    執刀医 今川院長
    費用 65万(FUT) / 87万(FUE)
    基本治療費 なし
    エリア 横浜のみ
    無料カウンセリング 【面談者】今川院長
  2. >>詳しいランキングはこちら

    >>ヨコ美クリニックの詳細やカウンセリング体験レポートはこちら

20代の若ハゲで植毛しようか迷っているあなた!人生変えるなら今しかチャンスはないです!

私と同じように20代の若ハゲで植毛しようか悩んでいるあなた。現在、非常に辛い毎日だと思います。

私は高校生2年生頃からM字ハゲが徐々に進行してきて、30歳手前で植毛手術を行いました。植毛するまで、1日たりとも髪のことで悩まなかったことはありません。

どんなに楽しいことをしていても、「これで髪があったらな・・・」なんて何度考えたことか。

なので、あなたの今のお気持ちは痛いほどよく分かります。

髪型が決まらなくて鏡の前で30分以上セットするのは当たり前でしたし、当然おしゃれなんかもできませんでした。

日々過ごしていても「なんで俺だけこんな目に遭うんだと。最悪な人生だ。」と心のどこかでずっと考えていたような気がします。

当然、彼女なんてできませんでした。女の子と喋る時はどうしても、「髪型がきもいって思ってるんじゃないか?」とか「はげがばれるんじゃないか?」と考えてしまいますからね。

こんなんで恋愛関係なんかに発展するわけがありません。

それでも、何とかしたいと思い、大学生になり本気でM字ハゲを治すために色々行動をし始めました。

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 塗りミノキ
  • フィナステリド

これだけ試しても、現状維持が精一杯でした。25歳までにハゲを治して可愛い彼女を作って結婚して・・・なんて思い描いていましたが、現実は厳しいものでした。

発毛はミノキシジルタブレットか自毛植毛しか方法はない

24、25歳頃にこのままじゃ本当に悲惨な人生のままだと思い、本気で植毛を視野に入れ始めました。もちろん植毛に対して最初は抵抗しかなかったですよ。

絶対植毛なんてやりたくない!と思っていましたからね。

上述した男性型脱毛症診療ガイドラインを見てミノキシジルがダメなら自毛植毛しか方法はもうないんだなと悟りました。

評価 治療法
A 強く勧められる ミノキシジル外用(男性5%、女性1%)
フィナステリド内服(男性)
B 勧められる 自毛植毛
C1 考慮しても良いが、
十分な根拠がない
塩化カルプロニウムの外用
t-フラバノン外用
アデノシン外用
サイトプリンペンタデカン外用
ケトコナゾール外用
C2 根拠がないので勧められない セファランチン外用
D 行わないように勧められる 人工毛植毛
フィナステリド内服(女性)

なので、副作用があるためか、ミノキシジルタブレットはガイドラインに載っていませんでしたが、ミノタブを数年試してダメなら植毛しようと覚悟を決めました。

そこから植毛費用をためつつ、ミノタブ5mg&フィンペシアをオオサカ堂で購入して生えてくれればいいなと思いながら飲み続けました。

でも、やはり想像通りというか、産毛が多少生えた程度で発毛とまではいきませんでした。生え際にミノタブは効かないというのは本当でしたね。

それで、植毛費用も100万たまっていたので、私は20代後半で植毛を決めました。実際に掛かった費用は約70万程度です。

20代で植毛する人は想像以上に多い

と言いつつも、植毛クリニックに相談に行くのは勇気が入りました。めちゃくちゃ恥ずかしかったですからね。

私の周りにハゲている友人なんてのもいませんでしたし、20代でクリニックに相談する人なんていないんじゃないか?と思っていましたからね。

それに、クリニックの受付の人も若い女の人なんだろうなという先入観もありましたから、クリニックのあるビルに到着したものの、なかなかビルに入れず周囲をウロウロとしたのを今でも覚えています。

私は最終的に5クリニックに面談に行きましたが、そこで分かった事実が20代で植毛する人が年々増えているということです。理由としては、結婚していない人が多いので、自由にお金を使えるのは今しかないと思って手術するからみたいです。

でも植毛を受ける側の本音は、ハゲが改善できないと結婚できないし楽しい毎日にならないから20代のうちに植毛するというのが真実のような気がします。

私もそうでしたからね。

ミノタブでダメならこのままハゲるか植毛するかの2択になる

あなたが今ミノタブを試しているかは分かりませんが、もし試していないなら副作用覚悟でミノタブを試すのも一つです。但し、あくまでも自己責任で試してくださいね。

私は全身の毛が濃くなるという以外の副作用はなかったので服用を続けましたが、人によっては動悸がして・・・なんて報告もありますからね。

でも、ミノタブは2、3年で耐性がつきます。なので、2、3年試してダメなら植毛するしかありません。他に調べてもこれしか方法はありませんよ。

AGAクリニックなんてのもありますが、最上級の治療方法はミノタブ&フィナステリドなので、通っても一緒です。お金をドブに捨てるだけです。

本気で人生を変えたいと思っているなら、多少のリスクは覚悟で植毛するしかありません。

具体的リスクは以下の3つです。

  • 1度の植毛で満足できるとは限らない
  • 術後のカモフラージュに多少なりとも苦労すること
  • 将来、2度目の植毛する必要があるかもしれない

これはどの植毛クリニックで手術しても同じなので、これらを受け入れられなければ植毛手術はしない方がいいです。

私は現時点で2度目の植毛手術はする予定はありませんが、せざるを得なくなったときのために、植毛資金を毎月貯め始めています。

もう死ぬまで髪の悩みと向き合う覚悟ができているので割り切っていますが、割り切れるかどうかが今後の分かれ道になると思います。

ただ、私は植毛手術をして周りにばれることもなければ、髪が生えなかったなんてこともありませんでした。80%以上満足しています。

髪型のセットも楽になりましたし、ほぼほぼ髪の悩みから解放されつつあります。自分に自信が持てるようにもなってきました。

それだけで、20代で植毛をして良かったと言えます。あのまま植毛していなければ、毎日鏡を見るたびに憂鬱な気分になっていましたからね。

おかげで彼女もでき結婚もできました。スポーツもできるようになりました。友達と風呂屋に行ったり海に行くのはまだ難しいですけどね。

こんな気分はハゲ始める前の中学生以来かもしれません。中学生時代はハゲというよりはニキビで悩んでいたので、小学生以来かもしれませんね。

20代で植毛するのは勇気がいるかもしれませんが、本当に何とかしたい、人生を変えたいと思っているなら決断のときかもしれませんよ。

恥ずかしいのは最初だけです。不安なのは最初だけです。あなたも私と同様に、もっと早くに植毛手術を受けておけばよかったと思うはずですからね。

失敗しない植毛クリニックの選び方

本音の植毛クリニックランキングベスト3

術後の経過写真まとめ

植毛に関するよくある疑問Q&A

自毛植毛や植毛手術について

  • 手術の時間はどのくらいか?

    植毛する株数によって異なりますが、FUT・FUEともに4時間~7時間程度はかかると考えてください。日帰りでの手術となります。

  • 手術は痛くないのか?

    FUT・FUEともに痛くないです。ドナー採取の際に後頭部へ麻酔をするときが痛いという情報も出ていますが、精神安定剤を併用して行うためほとんど痛みがないのが通常です。ただ、FUTの場合メスで切るわけですから、術後に頭がつっぱるような状態が続く可能性は当然あります。

  • 植毛手術は1回で満足できるのか?2回受ける必要があるのか?

    状況によっては2回以上必要になります。というのも、日本人の場合、後頭部の100%の密度が1cm2:約80株(160本)と言われています。そして1度の植毛で達成できる密度が、50%=1cm2:約40株(80本)です。50%あれば薄毛に見えないと言われていますが、生まれつきM字ハゲで周囲の毛が非常に濃い密度の状態、また20代前半の若い方などであれば、例え50%であったとしても満足できない方もいます。ケースバイケースですが、そういう方の場合は2回以上植毛する必要があります。

  • 自毛植毛は本当に毛が生えてくるのか?

    自毛植毛は後頭部のAGAの影響を受けない毛根そのものを移植するため、生涯にわたって生え続けます。後頭部の元気な毛が引っ越しするというイメージです。また、生着率は95%以上なので、100本植えたら95本は生え続けるという理解で大丈夫です。

  • 手術の際、髪はどのくらい短くしなければいけないのか?

    ケースバイケースです。移植する箇所の周囲の髪の毛は全く気にする必要はありません。問題なのは採取する後頭部の髪です。FUT・FUEともに手術時に髪を一部刈られます。そのため、術後周囲にばれないようにするには、FUTであれば2cmあれば確実。FUEであれば、500株以下であれば、2cmでギリギリ隠せるといったぐらいです。

  • AGAの影響がなく生まれつきおでこが広いだけの場合、植毛は有効か?

    非常に有効です。無毛部分はミノキシジルやフィステリドでも毛が生えることは考えられないので、むしろ植毛しか方法はないでしょう。ただ、植えつけする箇所の周囲の密度が濃い場合で、同程度の濃さを植毛で実現したい場合は1度の植毛では難しいかもしれません。

  • 4000株以上はFUEだけでなくFUTも検討すべき理由は?

    FUEはFUTに比べて採取できる株が少ないです。FUEは4000~5000株をこえてくるとAGAの影響を受けない後頭部の範囲以外からも採取する必要性がでてきます。万一、将来的に2度目の植毛をしたりなどイレギュラーの事態が起こってもFUEでは対処できなくなるわけです。それに比べてFUTは線傷こそできますが、FUEより採取できる株は多いですし、1つの線傷のみでかつAGAの影響を受けない後頭部の範囲内からドナーを採取できます。そのため、FUEは2000株以下など少範囲の植毛がおすすめできます。

  • 手術後のドナー(後頭部)の傷跡はどの程度残るのか?刈り上げや坊主はできないのか?

    FUTは、優秀な医師であれば基本縦幅1~2mm程度のため、目立つことはありません。2cm以上であれば周囲に気付かれることはまずないです。1cm程度の刈り上げでもぎりぎり問題はないです。FUEであれば、白い斑点傷が無数にできるので1cm程度の刈り上げであれば問題はないでしょう。但し、双方、坊主やスキンヘッドにしたらバレます。FUEでもです。なので、坊主・スキンヘッドにどうしてもしたくて、かつ他人にばれたくないという方は植毛はやめたほうがいいです。

  • 絶対誰にもバレずに植毛を行いたいけど可能か?

    バレずに植毛するためにクリアする点は2つです。後頭部の傷跡と移植した箇所の赤みやかさぶたです。後頭部の傷跡については、FUTは3cmあれば確実で、FUEはヘアシートをクリニックでつけてもらえます。そのため対策は、比較的簡単です。問題は移植した箇所の赤みやかさぶたです。特に目立つのがかさぶたです。かさぶたは、術後10日~2週間程度ですべて取れますが、取れるまでは、①周囲の髪を長くする、②ふりかけ、③帽子・ヘルメット、④かつらのいずれかの方法でかさぶたを隠すしかないです。現実的な方法としては、①と②になりますが、②のふりかけは非常に完成度が高く周囲には気づかれないです。ケラチンファイバーのふりかけであれば術後48時間以後であれば使っても問題ありませんので、かさぶたや赤みを隠す際に使ってください。

  • 植毛した毛はいつ生えそろうのか?

    9ヶ月~12ヶ月後です。植毛した毛は、1ヶ月以内に一度全て抜け落ちます。そして休止期を経て、術後約2~3ヶ月後頃から生えはじめます。1ヶ月に約1cm伸びるのが通常なので、術後約9ヶ月ごろに植毛した毛が約6cmになります。植毛した毛はすぐに生えそろうわけではありません。

術後について

  • 術後のショックロスとは何なのか?またショックロスが起きる確率は?

    ショックロスとは、術後1~2週間~5~6週間ぐらいに、植えつけた毛の周辺の既存毛が一時的に抜け落ちてしまう現象のことす。稀に永続的に脱毛してしまうケースもあります。ショックロスが起きる確率は15~20%と言われておりますが、あくまでも一時的な脱毛です。例えショックロスが起きたとしても、結果的にはショックロスが起きない人と同様の結果になります。なので、過度な心配は禁物です。

  • 術後の飲酒・タバコはいつからできるのか?

    術後の飲酒はクリニックによって指示が異なります。手術2日後からOkのクリニックもあれば1週間後OKというクリニックもあります。お酒やタバコが株の定着に影響を及ぼす科学的根拠はないので、念には念をで1週間後からOKとしているクリニックもあるということです。

  • 術後、運動はいつからして大丈夫なのか?

    軽い運動は1週間程度。サッカー・格闘技など頭部に衝撃を与えたり大量の汗をかく激しい運動は2週間後からできます。

  • 術後、育毛剤はいつから使用できるのか?

    植え付け部分は1週間後です。移植部分以外は手術当日からOKです。

  • 術後はミノキシジルなどの対策はしなくていいのか?

    対策は行う必要があります。植毛したからといってAGAの進行がとまるわけではありません。AGAの進行を抑えるためにも、フィステリド内服とミノキシジルは併用されることをおすすめします。離れ小島になれば再度植毛を検討せざるをえなくなります。

植毛クリニック選びについて

  • 失敗しない植毛クリニックの選び方は?

    医師の実績と経験です。植毛はどのクリニックでやるかではなく誰にやってもらうか。これが一番重要です。そのため、広告に騙されてはダメです。また、カウンセリング時に医師ではないカウンセラーが面談、カウンセリング時の医師と執刀者が異なるクリニックは要注意です。植毛は手術です。信頼出来ない医師にはお願いするべきではないです。

  • 各クリニックのカウンセリングは全て無料か?

    無料です。ただしクリニックによっては、面談してくれるのが医者であったり医者以外のカウンセラーであったりバラバラです。個人的には、医師が面談してくれるクリニックを選ぶことオススメします。

  • 人気クリニックは何をもって人気クリニックと言われているのか?

    過去の症例数です。でも注意して欲しいのは、クリニック全体の症例数と先生個人の症例数です。クリニック全体の症例数としてはアイランドタワークリニックが1位ですが、先生個人の症例数はヨコ美の今川院長がずば抜けて1位です。どちらを重要視すべきかは自ずと分かるのではないでしょうか?