植毛経験者が選ぶおすすめの植毛クリニックランキング!【2018】

アスク井上 ヨコ美 湘南美容 親和 アイランドタワー
クリニック
アスク井上クリニック
ヨコ美クリニック
ルネッサンスクリニック
親和クリニック
アイランドタワークリニック
エリア 新宿 横浜 新宿/大阪/福岡/仙台 新宿/名古屋/大阪/福岡 新宿/名古屋/大阪/福岡
費用
88.5万(FUE)

60万(FUT)
80万(FUE)

88万(FUT)
88万(FUE)

140万(FUE)

140万(FUE)
名医 井上院長 今川院長 長井医師 音田院長 なし
総合評価 A
強く勧められる
A
強く勧められる
B
勧められる
C
勧められない
D
強く勧められない
ランキング
(FUT)


(FUE)

(FUT)


(FUE)

(FUT)


(FUE)

(FUT)


(FUE)

(FUT)


(FUE)
オススメ FUEで手術したい FUTで手術したい 九州で手術したい FUEで大量の株を植えたい 有名クリニックがいい
詳細




HP




アスク井上 ヨコ美 湘南美容 親和 アイランドタワー

植毛クリニックの選び方!ポイントは医師ベースで選ぶこと!

※下記は20代後半でアスク井上クリニックで700株、約70万円で植毛手術(FUE)をした管理人の植毛ビフォーアフターです。

自毛植毛には移植毛をメスで切って採取するFUTと、パンチでくり抜いて採取するFUEの2種類があります。私程度の薄毛であればFUEを軸にクリニックを選べばOKです。

(FUT)線傷

(FUE)白い斑点

「傷ができない」を信じ込んでメスで切らないFUE手術を選ぶと失敗します!

複数回 and 1500株以上の手術ならFUTを軸に考えたほうがいい

FUT・FUEのどっちを選べばいいか?の結論を言うと、「結果は一緒なのであとは好みの問題。」です。

これは、FUTの権威であるヨコ美の今川院長、ルネッサンスクリニックの長井ドクターにカウンセリングで確認しましたので間違いないです。

ヨコ美の今川院長には、

今川院長今川院長

どっちでも大丈夫だよ。短い髪型を好むんだったらFUEで、あんまり短くしないんだったらFUTでいいのかもね。

湘南美容クリニックの長井ドクターには、

長井医師長井医師

絶対に傷跡を作りたくないならFUE。でも、傷跡は構わない。手術直後バレなくして欲しいっていうならFUT。ただ、1週間ぐらい休み取れるしこだわりないよって言うんだったらFUE。

このように言われました。そのため、株数も比較的少なく、短髪が好きで若いうちから後頭部に傷跡を作りたくないという理由で私はFUEを選択しましたが、基本は下記の比較表を参考にあなたの好みで決めればいいです。

FUT FUE
採取方法 メス パンチ
術中の痛み
術後の痛み
費用
採取可能株数
傷跡
達成密度
生着率
術後ばれる ばれない 1週間休み必要
デメリット 線傷が残る 費用が高い
採取できる移植毛が少ない
こんな人におすすめ 薄毛の範囲が広い(1500株以上)
線傷が気にならない
坊主にしない
薄毛の範囲が狭い(1500株未満)
傷跡を残したくない
多少高くてもいい
FUT FUE

但し、FUEはFUTに比べ採取できる株数が少ない。かつ、株数が増えるにつれ後頭部全体が薄くなるので、複数回の手術を考えてる、または1回で1500株以上の手術をするならFUTを軸に考えたほうがいいでしょう。

下記をご覧ください。

1回のFUT(画像:左)で後頭部から4000株(8000本)のドナーを採ったものと、2回のFUEでほとんど同じ株数を採った患者さん(画像:右)です。FUTの傷跡はさほど目立っていませんが、FUEで採ったほうは、あきらかにドナー部が全体的に薄くなっているのが見て取れます。

また別の患者さんですが、1回のFUEでたった1500株採っただけで、かなり薄くなってしまい、それ以上ドナーを採ることができなくなったというケースです。

つまり、FUTは複数回の植毛手術をしても傷跡は1本の横線の線傷だけですむけど、FUEはそうはいかず、株数が増えるほど全体が薄くなってしまい、かえってFUTより目立ってしまう可能性があるということです。

そのため、複数回の手術を視野に入れていたり、1回で1500株以上の手術を行う場合は、FUTを軸に考えたほうがいいです。

もちろん、クリニックでしっかり診てもらった上で最終判断すべきですが、線傷が嫌=FUE手術という結論にすぐに至らないでください。私の場合は700株と株数が少なかったので、クリニックの先生も好みでいいと伝えたにすぎないということです。

アスク井上クリニックがおすすめの理由!

おすすめできない人

  • 薄毛の範囲が広い(1500株以上)
  • FUTで手術したい
  • 東京まで出向くのが難しい

おすすめできる人

  • 若ハゲ、M字ハゲ
  • 植える株数が1500株未満
  • FUEで手術したい
  • 自然な生え際にこだわりたい
  • 後頭部の傷跡を最小限にしたい
  • 誰にもばれずに手術したい

ヨコ美クリニックがおすすめの理由!

おすすめできない人

  • 横浜まで出向くのが難しい
  • クリニック内で他の患者さんと顔を合わせたくない

おすすめできる人

  • 薄毛の範囲が広い
  • FUTで手術したい
  • FUTかFUEで迷っている
  • 経験豊富な先生に執刀してもらいたい
  • 安く手術をしたい

湘南美容外科クリニックがおすすめの理由!

おすすめできない人

  • クリニック推奨の薬を買わされたくない
  • ロボット植毛のデメリットを理解していない
  • クリニック内で女性客と顔を合わせたくない

おすすめできる人

  • 九州にお住まいの方(長井医師の手術を受けられるため)
  • FUE・ロボットFUE・FUTの3種類から手術を選択したい(長井医師限定)
  • 女性客や若い女性カウンセラーとの面談が気にならない

親和クリニック/アイランドタワークリニックをおすすめできない理由!

※FUE(切らない手術)ならなぜアスク井上クリニックの井上院長がおすすめなのか?それは、アイランドタワークリニックの症例数の計20,000件(井上院長在籍時)のうち、井上院長だけで症例数が4,200件を超えているからです。クリニック全体の症例数に騙されてはいけません。

植毛クリニックって、「どのクリニックも対して変わらないんじゃ?」って思っていませんか?

私もカウンセリングに行き実際に手術を受けるまではそう思っていました。

ですが、実際はクリニックによって手術方法から費用、患者への対応方法は異なっています。

例えば、カウンセリング時に医師が面談してくれるクリニックもあれば、手術当日まで執刀医と面談できないクリニックもあります。

クリニックに医師は院長しかおらず、面談も手術も院長が行うクリニックもあれば、医師をバイトで雇っているクリニックもあります。

そのため、できる限り気になるクリニックには全て足を選んだ上で植毛クリニックは選ぶべきです。比較しないと違いが分からないですからね。

ただ、どのクリニックにカウンセリングに行けばいいかも分からないとは思うので、5クリニックに足を運び実際に植毛した私が、実体験からおすすめのクリニックをご紹介したいと思います。

その情報を元に、カウンセリングに行くかどうかを決めてください。

3つの基準でクリニックを選べば失敗することはない

FUTかFUEかが決まれば、以下の3つの基準でクリニックを選べば失敗することはありません。

  • 十分な経験と技術を有するドクターがいるかどうか
  • カウンセリング時に執刀ドクターが面談してくれるかどうか
  • 執刀ドクターはFUTorFUEのどちらが得意か

植毛は「どのクリニックで植毛するかではなく、どの医師にしてもらうか」が何より重要です。そのため、実績があり名医と呼ばれる先生に執刀してもらうのは当然ですし、カウンセリング時にそのドクターが面談してくれるのも重要です。

そして何より、植毛手術では看護師の技術力も必須です。

移植毛の植え付けは全て医師がやるわけではなく、3割~4割は看護師が行います。要は、植毛手術はチームで行うものなんです。

(手術失敗の)理由は?と言うと、植毛クリニック(というより植毛もやってます)の医師のレベルの低下も原因ですが、植毛の3、4割近くを担う看護師の技量不足というのも否定できないでしょうね。

看護師の技量が低いと、例え医者の技術が高くても、生着不良を起こしたりして、結果が出せません

つい先日お越し頂いた某植毛クリニックで生え際に移植を受けられたという患者様も、デザインの酷さもさることながら、左右の生え際の生着率が明らかに違っていることで悩まれていました。

これは、院長の談ですが、左側と右側を担当した看護師の技量の差でしょうとの事でした。

ネットなどには書かれていませんが、自毛植毛の良し悪しは「担当医」だけでなく、「担当看護師」の技量で決まると言っても過言では有りません

チェーン展開している「植毛もやっているクリニック」では、看護師さんの入れ替わりも多く、また植毛専門の看護師など多く抱えられないという事情が有るでしょうから仕方がないことかもしれませんが、たまたま下手な看護師に当たってしまった患者さんにしてみれば当然納得できるものでは無いですよ

有名ドクターが植毛クリニックを全国展開しないのもこれが理由で、看護師とのセットでなければ最高の手術はできないんです。そのため、熟練の看護師がチームにいることは絶対条件です。

更に、それでいて安ければ言うことはありません。HPの情報や実際にカウンセリングに行き確認しましたが、上記基準を満たしているクリニックは以下の3つでした。

アスク井上 ヨコ美 湘南美容
クリニック
アスク井上クリニック
ヨコ美クリニック
ルネッサンスクリニック
技術
FUE

FUT
FUE

FUT
(長井医師限定)
費用 ※1
88.5万(FUE)

60万(FUT)
80万(FUE)

88万(FUT)
88万(FUE)
名医 井上院長 今川院長 長井医師
ランキング FUT:☓
FUE:1位
FUT:1位
FUE:2位
FUT:2位
FUE:3位
オススメ FUEで手術したい FUTで手術したい 九州で手術したい
HP
アスク井上 ヨコ美 湘南美容

※1 費用は1000株で計算しています。アスク井上クリニックの費用は、現在適用中のキャンペーン割引費用で掲載しています。

最も名が通っているアイランドタワークリニックは残念ながら面談は医師ではなく、医師免許がない植毛経験者が行います。「カウンセリングを医師の資格のない者がすることは医師法違反である」とされているにもかかわらずです。

但し、とりあえず植毛経験者に話を聞いてみたいだけという目的なら、アイランドタワークリニックはおすすめです。私も初めての面談はアイランドタワークリニックでした。何でも相談しやすいので、それはそれで良かったです。

親和クリニックも医師が面談してくれると聞いていましたが、私がカウンセリングに行ったときは医師は面談してくれませんでした。面談してくれたのは、アルバイトの女性です。

そのため、最終的には上記3クリニックの中から、FUEを希望するならFUEで最も実績のあるアスク井上クリニック。FUTを希望するならFUTで最も実績のあるヨコ美クリニックに依頼する。

もし、FUTとFUEで迷っているなら、両方をトップクラスの水準で手術可能なヨコ美クリニックに相談してから決める。

これが、私のクリニック選びの結論となります。では具体的に、FUE・FUT別にランキングをみていきましょう。

【FUE】おすすめクリニックランキング

※掲載している植毛費用は、1000株(グラフト)計算での価格となります。

  1. アスク井上クリニック

    アスク井上クリニック

    実績 5.0
    症例数 4,200件以上(FUE) ※井上院長のみ
    執刀医 井上院長
    費用 88.5万(FUE) / 138.5万(刈らないFUE)
    エリア 新宿のみ
    無料カウンセリング 【面談者】井上院長

    国内のFUE手術の第一人者でアイランドタワークリニックの創始者&i-direct法の生みの親です。その井上院長がアイランドタワークリニックの優秀な看護師・スタッフを引き連れて開院したのが、アスク井上クリニックです。FUE手術において井上院長の右に出るドクターはいないので、FUE手術を希望する場合は、新宿にしかクリニックはありませんが、第一候補として考えましょう。私もアスク井上クリニックで手術をしました。井上院長は、後頭部を刈り上げずに手術するFUEの第一人者でもあるので、FUE手術は井上院長にお願いしたら間違いはありませんよ。

  2. ヨコ美クリニック

    ヨコ美クリニック

    実績 5.0
    症例数 15,000件以上 ※今川院長のみ
    執刀医 今川院長
    費用 80万(FUE)
    エリア 横浜のみ
    無料カウンセリング 【面談者】今川院長

    国内で最も歴史のあるクリニックで、今川院長は世界で最も著名な植毛医150人の中の1人に選ばれています。FUEに取り組み始めたのは、井上院長より後なのでFUT程までの実績はありません。ですが、FUT・FUEをトップレベルで手術可能なのは今川院長のみです。手術費用もアスク井上クリニックより安いので、FUT・FUEのどっちにしようか悩んでいる場合は、迷うことなく今川院長に相談されるのがいいでしょう。

  3. 湘南美容クリニック

    ルネッサンスクリニック

    実績 4.5 ※長井ドクターのみ
    症例数 年間800件以上(ARTAS) ※クリニック合計
    執刀医 地域により異なる
    費用 88万(ARTAS)
    エリア 新宿、大阪、福岡、仙台
    無料カウンセリング 【面談者】医師

    湘南美容クリニックで最も実績があり名医とされているのが長井ドクターです。ただ、湘南美容クリニックのFUE手術は手動ではなくARTASというロボットを使います。移植毛を人がくり抜くか、ロボットがくり抜くかの違いなのですが、前者のほうが精度が高いため、いくら長井ドクターが執刀医と言えど、残念ながらFUE手術であれば、上記2クリニックより質は劣ると言わざるを得ません。

【FUT】おすすめクリニックランキング

※掲載している植毛費用は、1000株(グラフト)計算での価格となります。

  1. ヨコ美クリニック

    ヨコ美クリニック

    実績 5.0
    症例数 15,000件以上 ※今川院長のみ
    執刀医 今川院長
    費用 60万
    エリア 横浜のみ
    無料カウンセリング 【面談者】今川院長

    国内で最も歴史のあるクリニックで、今川院長は世界で最も著名な植毛医150人の中の1人に選ばれています。院長自身がFUT手術を受けていることもあり、FUT手術を得意としています。横浜にしかクリニックはありませんが、どうしても面談でカウンセリングができない場合は、電話でのカウンセリングも可能です。FUTでの手術を希望する場合は、第一候補と考えて間違いないでしょう。

  2. 湘南美容クリニック

    実績 5.0 ※長井ドクターのみ
    症例数 年間800件以上 ※クリニック合計
    執刀医 地域により異なる
    費用 88万
    エリア 新宿、大阪、福岡、仙台
    無料カウンセリング 【面談者】医師

    湘南美容クリニックは、有名な湘南美容外科がバックについています。クリニックで最も実績があり名医とされているのが長井ドクターです。長井ドクターもヨコ美の今川院長と同じく、自らがFUT手術経験者です。「長井式FUT」という独自の手術法を確立していて、FUT手術に絶対の自信を持っており、当クリニックではFUT手術が長井医師限定ということからも誰にも真似できない技術を持っているということです。但し、長井ドクターは福岡(メイン)・新宿(サブ)の勤務になっているため、カウンセリング予約時には、長井ドクターの勤務表をみて、日程を決める必要があります。また、同時に予約時には長井ドクターに面談をお願いしたいことも伝える必要が必ずあります。

アスク井上クリニックでは、FUT手術も可能ですが、開院以来、FUT手術を希望する患者さんが皆無ということでランキング外としています。この事実は、カウンセリング時に直接確認しました。但し、井上院長自身、前クリニックでFUT手術を多数経験しています。

植毛をする前に知っておきたい植毛の基礎知識

植毛ってどういう仕組?

植毛は、薄毛の影響を受けづらい後頭部の毛を移植する仕組みで、移植後は半永久的に生え続けます。要は、ハゲない後頭部の毛が毛根ごと引っ越しするわけなので、生え続けるというわけです。

波平さんも後頭部だけ髪が残っていますが、要はあの部分から髪を移植します。

男性の薄毛の場合、ヘアラインからつむじにかけてはどんなに脱毛しても、側頭部から後頭部にかけては抜けずに残っています。

植毛は抜けない部分のヘアを薄くなった場所に移動(リロケーション)する作業で、「ドナードミナンス」という理論を前提に行われています。

これは、ヘアの性質はもともと生えていた場所によって決まることから、抜けない運命にある場所のヘアを薄毛の部分に移植しても、再び薄くなることはない、すなわち「ドナー=提供者、採取したヘア」が「ドミナント=薄くなる運命を持った場所の性質より優先する」ということです。

髪の毛は株(グラフト)ごとに1本毛、2本毛、3本毛、4本毛と分かれており、植毛手術では株ごと移植させます。植毛で1株◯◯円とか1グラフト◯◯円というのは、移植する株のことを指しています。全株の平均は1株約2本~2.5本とされています。

植毛で知っておかなければいけないのは、植毛しても髪の毛の総数が変わるわけではないので、後頭部から移植できる毛も当然限られるという点です。

そのため、個人差がありますが、植えられる上限は5000株~6000株を目安にしてください。私は1回目の植毛手術で700株使いましたので、残り4000株程度までは手術可能ということですね。

植毛には2種類あるが自毛植毛しかありえない

前述した内容は自毛植毛についてですが、植毛には自毛植毛以外に人工毛植毛もあります。人工毛植毛はその名の通り、自毛ではなく人工物で作られた毛を移植する手術のことです。

ですが、人工毛植毛は人工毛のため身体にとては異物です。そのため、身体との相性が悪く植えた箇所に炎症が起きたり、植えた個所の周辺の既存毛が抜け落ちるなどのマイナス面のほうが多いです。

アメリカではすでに法律で禁止されており、日本でも人工毛手術は推奨されていません。現在、人工毛手術を行っているクリニックはほんの一部のクリニックのみで、自毛植毛が主流となっています。

人工毛と違い自分の毛を移植するわけですから拒絶反応もなく、移植した毛は既存毛と同じく伸びますし、生え続けます。

そのため、植毛=自毛植毛と考えてください。私もそうでしたが、植毛クリニックではもはや人工毛植毛は論外なので、カウンセリング時で人工毛植毛について説明されることすらありません。

それほど現在は、自毛植毛が当たり前となっています。

植える株数の目安はどのくらいなのか?

これは私が植えた株数を元に比較していただければ想像できるかと思います。

私は上記のようなM字ハゲで、下記箇所に植えて合計700株でした。

こめかみに植えなければ、600株ですんだという状況です。なので、私よりM字が進行しているならだいたい1000株は覚悟した方がいいでしょうね。

但し、注意して頂きたいのがクリニックによって見解が異なるという点です。私がカウンセリングを受けた下記3クリニックでも、診断結果が異なりましたからね。なので、実際にはカウンセリングに行かないと目安は分からないと思ってください。

ヨコ美 アスク井上 湘南美容
必要株数 400株 600株 900株
植毛費用 448,200円 653,400円 995,320円

自毛植毛の費用の相場

自毛植毛はハゲ治療の最後の治療とも言われますが、その費用は決して安くはありません。だいたいですが、1cm後退のM字ハゲで50万前後、2cm後退のM字ハゲで100万前後は必要になります。

ただ、植毛は育毛剤などと違いかかる費用は初回の1回のみです。ハゲない後頭部の毛を移植しますから、移植後はメンテンス不要で育毛剤などは使う必要はありません。

それでも、初期費用に50万~100万必要になるわけですから決して安くはありません。

クリニックによって費用も異なりますが、前述したとおり基本は1株◯◯円で費用を算出しています。この1株◯◯円が各クリニックによって異なります。

また、後ほど説明しますが、自毛植毛には術式がFUTとFUEの2種類があり、FUEの方が費用が高いです。

他にも、基本治療費を取るクリニックもあれば、期間限定のキャンペーン割引・モニター割引制度があるクリニックもあります。手術当日の交通費・宿泊費を負担してくれるクリニックもあります。

なので、どのクリニックが安いのか?は一概には言えないのですが、基本は1株◯◯円と基本治療費を足した手術費用を基準にクリニックを比較していきましょう。下記を参考に頂いてもOKです。

アスク ヨコ美 湘南美容外科 アイランド 親和
クリニック
アスク井上クリニック
ヨコ美クリニック
ルネッサンスクリニック
アイランドタワークリニック
親和クリニック
手術費用 88.5万(FUE) 60万(FUT)
80万(FUE)
88万(FUT)
88万(FUE)
140万(FUE) 140万(FUE)
モニター制度
宿泊費還付
HP




※ 費用は1000株で計算しています。アスク井上クリニックの通常費用は、現在適用中のキャンペーン割引費用で掲載しています。

植毛した毛は術後半年~1年で生え揃う

植毛は植えてすぐ生え揃うわけではなく、短髪でだいたい術後半年。長髪であれば術後1年程度で生え揃います。私は短髪でしたので、術後半年程度で95%以上は生え揃った感がありました。

術後は下記の経過で髪が生え揃っていきます。

術後1ヶ月程度で植えた毛が一旦すべて抜け落ち、そこから休止期に入り術後2~3ヶ月後頃から生え始めます。

休止期までは本当に髪が生えてくるのか?と心配しますが、私も同様の経過を辿りましたので、心配する必要はありませんよ。

自毛植毛のデメリット

植えた毛が生える確率は95%以上。ただ、医療に絶対はなく、さまざまな原因から結果が出にくいケースも。

「植えたヘアは必ず生えてくるのか」

これは植毛を考えている方の誰もが思う心配ですから、触れておきましょう。結論からいえば、”イエス”です。

現在の技術レベルを考えると、発毛率が合格ラインに達しないことはほとんどないはずです。ただし、このように「発毛率は95%以上」などといわれていても、実際に発毛率を下げる要因があるのも事実です。

「H(ヒューマン)ファクター」、つまり植毛チームの技術的問題による発毛率の低下と、「Xファクター」とよばれる、紫外線やカツラなど、主に植毛を受けた方サイドによると思われる未知のファクターで、発毛率が下がる(植毛全体の0.5~1%)。

今ではXファクターの多くは、やはりHファクターではないかとさえいわれています。したがって、ご自身で抜くなど、特別なことがない限り、ほとんどのヘアは発毛するはずです。

自毛植毛は実績のある医師にお願いすれば、まず手術は失敗することはありません。そのため、ほぼ確実に薄毛は改善できると言っても過言ではありません。これが植毛の圧倒的なメリットと言えます。

ですが、自毛植毛にはメリットだけではなく、費用が高いなどのデメリットもいくつかあります。ここでは、代表的なデメリットを3つご紹介致します。

1度の植毛で満足できるとは限らない

自毛植毛は1度の植毛で達成できる密度は50%です。フサフサの既存毛の密度の半分程度ということです。私もそうで、移植した箇所はだいたい40%~50%の密度しかありません。

この50%という密度は、満足できる人もいれば満足できない人もいるというレベルで、薄毛ではないギリギリのラインといったところです。

私の場合、M字中央付近の密度がもともとかなり濃いというレベルではないので、100%満足はできていないけどまだ我慢できています。水に濡れたり汗をかけばアウトですけどね。

そのため、あなたが20代前半だったりで、薄毛箇所以外はドフサレベルならもしかしたら1度の植毛では満足できない可能性が出てきます。

満足できなければ2回植毛したらいい話ではありますが、残念がら植毛も絶対ではないということですね。

術後1週間は休まないと周囲にバレる可能性がある

植毛したことを周囲にバレたくないというのは当然です。私もそうです。でも、残念ながら植毛は1週間休みを取らないとバレる可能性は高くなります。

なぜバレるかというと、採取した箇所、移植した箇所が術後は目立つからです。

FUE手術の場合、後頭部の大部分を刈り上げて手術を行うので、ここを既存毛でカモフラージュできなければ厳しいいです。

更に、移植した箇所も術後1週間はかさぶた・赤みがかなり目立ちます。それに、1週間は髪も洗えないので髪のセットも思うようにできません。薄毛で髪をあらえず、セットもできないのは致命傷ですよね?

なので、術後1週間、休みを取れないのであれば周囲にバレる可能性が非常に高いと思ってください。

術後翌日~1週間の詳しい経過写真

M字(正面)

1日2日3日4日5日6日7日

mae10



mae20

mae21


mae30

mae31


mae40

mae41


mae50

mae51


mae60

mae61


mae70

mae71

M字(左)

1日2日3日4日5日6日7日

hidari01

hidari02

hidari03

hidari04

hidari05

hidari06

hidari07

M字(右)

1日2日3日4日5日6日7日

migi01

migi02

migi03

migi04

migi05

migi06

migi07

後頭部

1日2日3日4日5日6日7日

koutoubu01

koutoubu01-1


koutoubu02

koutoubu02-1


koutoubu03

koutoubu03-1


koutoubu04

koutoubu04-1


koutoubu05

koutoubu05-1


koutoubu06

koutoubu06-1


koutoubu07

koutoubu07-1


既存毛の薄毛が進行したら離れ小島になる

これは現在進行系で私が心配していることでもありますが、植毛で解決できるのは植える箇所のみです。つまり、ハゲの進行を食い止めることはできないわけです。

そのため、M字がこのまま進行してしまえば、私は限りなく離れ小島になる可能性が高いです。

なので、あなたがAGAの場合は、必ずフィナステリドを服用するなどしてAGAの進行を食い止める必要が出てきます。私もフィナステリドは現在進行系で服用しています。

ただ、フィナステリドでも抑え切れないケースも考えられるので、2度目の植毛は将来的に視野に入れています。

なので、あなたが20代前半で、まだ既存毛でハゲを隠せるレベルであれば、無理に植毛をすべきではありません。もう隠せないとなるまで我慢すべきです。

2回でも3回でも植毛手術に抵抗がないというのであれば、今すぐ手術しても大丈夫でしょうけどね。

自毛植毛をおすすめできる人はもう何をやっても改善が見込めない人

先程、既存毛でハゲを隠せるなら植毛は我慢すべきとお伝えしましたが、隠せなくなってもすぐに植毛と判断すべきではありません。

なぜなら、植毛しなくてもハゲを改善できる可能性があるからです。男性の薄毛の場合、原因の99%はAGA(男性型脱毛症)とみて間違いないです。

AGAの主な特徴は、生え際の髪が軟毛化し生え際が後退してきます。まさに、私のようなM字ハゲは典型的なAGAです。

そして、AGAの治療法は確立されており、自毛植毛はフィナステリド(デュタステリド)・ミノキシジルを1年使っても効果がない場合に行うべきものです。

(自毛植毛は)フィナステリド内服やミノキシジル外用により十分な改善が得られない男女の症例に対して,十分な経験と技術を有する医師が行うとよい。

理由は、1年以上使ってもそれ以上の効果は見込めないからです。要は、「上記を1年以上試した。更に既存毛でこれ以上ハゲを隠しきれない。」こういう場合に、自毛植毛を決断すべきです。

私は、ヨコ美クリニックの今川院長にも、

今川院長今川院長

生え際は薬では現状維持以外は難しいからね。

とハッキリ言われたので、薬治療で改善が見込めない場合はもう植毛しか道は残されていないと思ってください。ただ、薬治療を試していないのであれば、それを試してから植毛を考えようよということです。

特に、生え際ではなくつむじの薄毛は薬治療で改善が見込めるため、必ず植毛前に試すようにしてください。

自毛植毛の施術方法は3種類ある

「自分は自毛植毛するしかないな。」と納得できたのであれば、次に考えることはどの術式で植毛手術をするかという点です。

前述しましたが、自毛植毛には大きく分けてFUTとFUEの2種類の術式があります。

植毛手術は、「①移植毛を採取する」「②植え込む」の2STEPで手術を行いますが、移植毛の採取方法がFUTとFUEでは異なります。言ってしまえば、違いはただそれだけです。

FUT法(Follicular Unit Transplantation)

FUTは、メスを使い移植毛を採取します。

上記のように、術前に横長に刈り上げ、そこにメスを入れて移植毛を採取していきます。FUTで問題になるのが術後の後頭部の傷跡で、横長の線傷が必ず残ってしまいます

といっても、上記のように技術力のある医師が手術したのであれば、傷跡はほとんど目立たず、傷跡の縦幅も3mm以下におさまります。そのため、医師の技術力次第で後頭部の傷跡も決まると思ってください。

FUE法(Follicular Unit Extraction)

FUEは、パンチを使い移植毛を採取します。

上記のように、後頭部の大部分を刈り上げ、パンチで株を採取していきます。赤くなっている箇所が採取した箇所となります。

FUEのポイントは、移植毛を採取する際、採取箇所が集中しないよう適度に間隔をあけて採取していきます。理由は採取する場所を集中させると、かえってその箇所だけ薄くなってしまうからです。

そのため、後頭部の大部分から採取する必要があり、刈り上げる範囲も広くなります。ですが、間隔をあけて上手に採取さえできれば、FUTのように線傷もできることはないので、ここが大きなメリットとなります。

ARTAS(FUE:機械植毛)

ARTASと言えば湘南美容クリニックですが、ARTASはFUEの一種で、移植毛の採取をロボットが行います。

FUEの費用がなぜ高いのかと言うと、1株1株人力でパンチでくり抜いて株を採取するからです。ARTASはそれはしんどいから、ロボットにやってもらおうということなんです。

ただ残念ながら、ARTASは人力に比べパンチの口径が大きいので傷も大きくなりがちで、かつ、毛根切断率が高いです。

私はアスク井上クリニックで700株でFUE手術しましたが、湘南美容がARTASで提示してきた必要株数は900株ということからも、人力より採取の際にミスをする可能性が高いということです。

そのため、FUEを希望するならARTASではなく人力で移植毛を採取するクリニックにお願いするようにしましょう。

ドクターの技術力の有無を調べる方法

クリニックを選ぶ上で医師の技術力は極めて重要です。技術力がなければ、後頭部の傷跡もそうですが植え付けた移植毛のヘアデザインにも影響を及ぼします。


(引用元:ヨコ美クリニック

例えばこれなんて不自然すぎますよね?なので、実績のある技術力の高い医師に手術を依頼するのは本当に大切です。クリニックベースではなく、ドクターベースで手術を依頼する。これが鉄則です。

そのため、クリニックの症例件数はあまり参考にせず、ドクター個人の症例件数を参考にしてください。

また、症例件数以外にも、ドクター技術力を調べる方法があります。それが、スリットで植え付けを行っているかどうかです。

要は、植え付けの際に横穴か丸穴のどちらで植え付けるかですが、スリット(横穴)の方が高密度に植え付けが可能です。

髪の毛の生え方はつむじの流れに影響を受けています。生える角度は個人差はもちろん、場所によって微妙に変わります。それを的確に判断し、今生えている毛もしくは生えていただろう毛を想定してデザインを行い、0.1mm刻みのスリットを作成します。生え際や前頭部位は、仕上がりの上でとても重要な場所です。この部分の密度を特に上げることで植えた数以上にボリュームのある効果的で自然な仕上がりを実現できるのです。

ニードルやホールによる植毛では、どんなに穴を小さくしてもマイクロスリット法のように綺麗に自然にはできません。ニードルやホールで穴をあけると、まさしく穴になります。技術的には簡単ですが、ダメージが大きくなります。

また、抜けやすく定着率も低くなると一般的にいわれています。たとえ直径が小さくても、穴の面積とスリットの面積では圧倒的にスリットが小さくなります。そのため出血も少なく、かさぶたが出来る事もありません。ニードルやホールとは違い、術後腫れが出たり、目の周りが浮腫むこともなくダウンタイムは最小限です。

ですが、スリットは技術がないとできません。そのため、クリニックが植え付けの際、スリットかホールのどちらを採用しているかは必ず調べる必要があります。

私がおすすめしている、アスク井上クリニックの井上院長、ヨコ美クリニックの今川院長、湘南美容外科の長井ドクターは、スリットを採用しているので、安心して手術をお願いできますよ。

目的別おすすめクリニック

FUTかFUEかが決まったら、後はFUTを希望するならFUTで最も実績のあるヨコ美クリニック。FUEを希望するならFUEで最も実績のあるアスク井上クリニックで手術するのがベターです。

もし、FUTとFUEで迷っているなら、両方をトップクラスの水準で手術可能なヨコ美クリニックに相談してから決めればいいでしょう。

ただ、技術ベース以外の基準でもクリニックを選択したいニーズもあるでしょうから、その細かなニーズに応えた目的別のおすすめクリニックも紹介させて頂きます。

植毛費用の安さで選ぶならヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

詳細・予約はヨコ美クリニック公式へ

詳しいランキングはこちら

人気クリニックで選ぶならアイランドタワークリニック

アイランド タワークリニック

詳細・予約はアイランドタワークリニック公式へ

詳しいランキングはこちら

ARTASで手術を行うなら湘南美容外科クリニック

湘南美容クリニック

詳細・予約は湘南美容クリニック公式へ

会社を休まずバレにくさで選ぶならアスク井上クリニック

アスク井上クリニック

詳細・予約はアスク井上クリニック公式へ

詳しいランキングはこちら

とりあえずどのクリニックか迷ったらヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

詳細・予約はヨコ美クリニック公式へ

詳しいランキングはこちら

まとめ

あなたも各クリニックでカウンセリングを受けた場合、おそらく、

  • ヨコ美クリニック
  • アスク井上クリニック
  • 湘南美容クリニック

この3クリニックの中からどうするか?と悩むことでしょう。最後はドクターやクリニックとの相性などもありますので、主観で決めても問題ありません。

でも、必ず実際にカウンセリングに行ってから決めるようにしてください。植毛費用は高いですし、万一、失敗したとなれば本当に人生終わりです。

そうですよね?

植毛は相当な覚悟を持ってやらなければダメです。地方に住んでいるのでカウンセリングだけのために東京に行くなんて・・・という方もいますが、その程度の覚悟で植毛するなんて私からしたら信じられないです。

私は、髪のことで悩む毎日から本当に解放されたかったですし、かっこ悪い自分が本当に嫌いでした。本気で人生を変えたいと思っていました。

なので、飛行機に乗って、カウンセリングだけのために東京に2泊3日で行きました。本気で何とかしたいと思っているなら、それぐらい当たり前ですよね?

もし、そこで面倒とかお金がもったいないと思うなら、植毛手術を受ける資格はないと私は思っています。

なので、本気で植毛で髪の悩みから解放されたいと思っているなら、必ずカウンセリングは受けた上でクリニックを選ぶようにしてください。

適当に選んで失敗した・・・となれば、本当に取り返しがつきませんからね。

アスク井上 ヨコ美 湘南美容 親和 アイランドタワー
クリニック
アスク井上クリニック
ヨコ美クリニック
ルネッサンスクリニック
親和クリニック
アイランドタワークリニック
エリア 新宿 横浜 新宿/大阪/福岡/仙台 新宿/名古屋/大阪/福岡 新宿/名古屋/大阪/福岡
費用
88.5万(FUE)

60万(FUT)
80万(FUE)

88万(FUT)
88万(FUE)

140万(FUE)

140万(FUE)
名医 井上院長 今川院長 長井医師 音田院長 なし
総合評価 A
強く勧められる
A
強く勧められる
B
勧められる
C
勧められない
D
強く勧められない
ランキング
(FUT)


(FUE)

(FUT)


(FUE)

(FUT)


(FUE)

(FUT)


(FUE)

(FUT)


(FUE)
オススメ FUEで手術したい FUTで手術したい 九州で手術したい FUEで大量の株を植えたい 有名クリニックがいい
詳細




HP




アスク井上 ヨコ美 湘南美容 親和 アイランドタワー

【植毛クリニックおすすめランキング】とりあえずどの植毛クリニックか迷ったら!

おすすめ植毛クリニック

植毛をしようと思っても悩むのが、どのクリニックで植毛すべきかということです。 植毛にかかる費用は決して安くありません。そのため、絶対に失敗したくないと思うのは当然のことです。 私もそうでした。 そこで、とりあえず色々ネッ・・・

ページの先頭へ