薄毛の種類にはいくつかありますが、薄毛で悩む男性の中で最も多いのが、AGA(男性型脱毛症)です。約30%の成人男性がAGAを発症するとされており、早い方で20代からその兆候が見られます。

AGAの種類は、「ノーウッドハミルトン分類」でまとめられており、僕はⅡ型と診断され、最終的に自毛植毛をするに至りました。

Ⅰ型:脱毛が始まっていない状態
Ⅱ型:生え際から進行し始めた状態
Ⅱ型(Vertex型):生え際からの進行に加えて、頭頂部がO型に脱毛してきた状態
Ⅲ型:生え際から徐々に進行が目立ってきた状態
Ⅲ型(Vertex型):Ⅲ型の状態に加え、頭頂部がO型に進行してきた状態
Ⅳ型:生え際から頭頂部にかけて進行した状態
Ⅴ型:生え際から頭頂部にかけて進行し、つながっている状態
Ⅵ型:全体的にかなり進行している状態
Ⅶ型:Ⅵ型よりさらに進行している状態

ノーウッドハミルトン分類は欧米人を対象とされているため、日本人の場合、高島分類を参考にすべきとも言われています。

【引用元】脱毛の進行パターンから分類するAGAの種類

正常の髪は、成長期⇒退行期⇒休止期のサイクルで循環していますが、AGAになると、DHT(ジヒドロテストステロン)が男性ホルモン受容体に結合することで成長期が短縮し軟毛化が生じ、生え際が後退して、頭頂部の毛が薄くなっていきます。

そして、AGAは進行性のもので治すことは不可能です。但し、DHTは男性ホルモン受容体と結びつかなければ薄毛にはなりません。

男性ホルモン受容体は遺伝子要素の影響が大きく、この男性ホルモン受容体を親から引き継いでいればDHTと結びつき薄毛になるし、そうでなければ薄毛にはなりません。

ご高齢やホームレスでフサフサの方がいる理由も、この男性ホルモン受容体を受け継いでいるかどうかということなんですね。そのため、生活環境改善=薄毛改善には基本的に繋がらないと考えるべきです。

ここで重要なのが、男性ホルモン受容体については対策のしようがないけど、DHTについては対策の方法があるということです。

つまり、AGA治療とはDHTを抑制することなんです。

ですが、注意して頂きたいのが自分がAGAかどうか?という点です。なぜなら、AGAにDHT抑制は有効ですが、円形脱毛症にはDHT抑制は効果ゼロだからです。植毛手術も同様です。

AGAは生え際から後退し頭頂部も薄くなるのが特徴ですが、生え際の後退はなく頭頂部が円形に脱毛している場合は、円形脱毛症の疑いが強くなります。

もし、自分がAGAかわからない場合は、こちらのサイトに、医師が監修しているAGAセルフチェック法があるので、これでまず、自分がAGAなのか?を確かめてください。

  • 生え際が後退してきた
  • 生え際の髪が軟毛化してきた
  • 抜け毛が硬毛ではなく軟毛

また、こういう状況であれば、まずAGAの可能性が大と考えて問題ないでしょう。僕の状況と同じですからね。

AGA治療は「男性型脱毛症診療ガイドライン」を参考に医学的根拠のある治療法を行うべき!

日本皮膚科学会は、2010年に「男性型脱毛症診療ガイドライン」を発表しました。これは、医学的根拠のある治療法をまとめたものです。

これが作成された背景には、医学的根拠もないのに過大宣伝されている商品が育毛・発毛業界で横行し過ぎたことが一環とされています。それほど、薄毛ビジネスは儲かるといういうわけです。

僕もその被害者の1人で、薄毛に悩み始めた当初はこのガイドラインの存在なんて知りませんでした。ガイドラインにまとめられている治療方針は下記の通りです。

つまり、自分がAGAであるとわかった場合、上記プロセスで治療を進めていきましょうということです。下記の赤枠が軽症扱いです。

よって、軽症であれば、育毛剤からスタートしてもいいですが、行き着く先は、フィナステリド・ミノキシジル・自毛植毛ということになります。各治療法の推奨度は以下の通りです。

評価 治療法
A 強く勧められる ミノキシジル外用(男性5%、女性1%)
フィナステリド内服(男性)
B 勧められる 自毛植毛
C1 考慮しても良いが、
十分な根拠がない
塩化カルプロニウムの外用
t-フラバノン外用
アデノシン外用
サイトプリンペンタデカン外用
ケトコナゾール外用
C2 根拠がないので勧められない セファランチン外用
D 行わないように勧められる 人工毛植毛
フィナステリド内服(女性)

※ミノタブについては、国内不認可の薬のため除外となっています

僕の経験からお伝えすれば、育毛剤を使うだけ時間とお金の無駄なので、軽症であっても最初から推奨度Aのミノキシジル・フィナステリドに進んでいいと思います。

フィナステリド内服なくしてAGAは治せない

特に重要なのはフィナステリド内服です。なぜなら、AGAの進行を抑制することができるからです。

繰り返しになりますが、AGAの原因はDHTです。DHTは、Ⅱ型5αリダクターゼがテストステロンが結びつくことで生まれます。

ですが、フィナステリドはこのⅡ型5αリダクターゼに作用し、テストステロンをDHTに変換することを防ぎます。つまり、DHTができないようにするわけです。

それにより、軟毛化を防ぎ脱毛が起きなくなります。

ただ、リダクターゼにはⅡ型の他にⅠ型もあり、これもテストステロンと結ぶつきDHTになります。ですが、Ⅰ型は皮脂線に存在しているため、Ⅱ型より影響が低いということが近年の研究で分かってきています。

そのため、僕もそうなのですが、もしあなたも皮脂が多く頭皮が脂っぽい場合は、Ⅰ型もⅡ型の両方に効力のある、デュタステリド内服を検討してみてください。

国内では、フィナステリドはプロペシア、デュタステリドはザガーロ(2016年認可)という薬名で販売されています。ですが高額なので、自己責任で個人輸入代行でジェネリックを購入するのも一つです。

僕は、現在はジェネリックのフィンペシアを使っていますが、皮脂の問題が解決されないので、近々、デュタステリドに切り替える予定です。

ここで必ず理解していただきたいのが、フィナステリドを含む育毛剤は存在しないということです。この意味が分かりますよね?

そのため、フィナステリド内服を使わなければ、いずれAGAは必ずと言っていいほど進行するということです。フィナステリド内服だけでも薄毛が改善されたという報告もあるので、早い段階からチャレンジすべきでしょう。

僕も植毛手術をしていますが、フィナステリドは毎日飲み続けています。でなければ、離れ小島になってしまうリスクがありますからね。

但し、僕は問題なかったのですが、「性欲減退」「勃起不全」「うつ病発症リスク」という副作用が数%の確率で報告されてもいますので、あくまでも自己責任で利用を検討してください。

ミノキシジル外用もマスト!

フィナステリドがAGA抑制なら、ミノキシジルは発毛促進です。

ミノキシジルは元々高血圧を抑える薬して使われていましたが、血管拡張作用により毛細血管が広がり、頭皮の毛根の血行がよくなり、髪が活性化する事がわかり、AGA薬として利用されるようになりました。

軟毛化した毛が太くなったり、産毛が軟毛に変わったり、抜け落ちた箇所に産毛が生えてくるといった効果が確認されています。

特に、頭頂部については効果的とされ、フィナステリド内服+ミノキシジルでフサフサになったという事例もあるぐらいです。

但し、生え際にはあまり効かないというのが通説で、

  • 国内唯一のミノキシジル5%のリアップ
  • 個人輸入代行の手に入るミノキシジル15%のザンドロックスやポラリス
  • 禁断のミノキシジルタブレット10mg

関連植毛前に試しておきたいハゲ対策!フィナステリドとミノキシジルで若はげが改善できる可能性もゼロではない!

僕はフィナステリド内服と合わせてこれらを試しても、生え際の無毛部分には産毛が確認できた程度でした。これが現実です。

ガイドラインには「フィナステリド内服+ミノキシジル外用5%」を1年試してダメなら次の自毛植毛を推奨ということでしたが、僕は約5年以上、薬治療をしていました。

理由は自毛植毛手術が高額なことと、もし失敗したら取り返しがつかなくなると思ったからです。結果的に、自毛植毛をして本当に良かっのですが、これからもAGAとの闘いは続くので、2度目の植毛手術もいずれは検討することになるかもしれません。

※下記はアスク井上クリニックで700株、70万円で植毛手術(FUE)をした管理人の植毛ビフォーアフターです。

植毛の経過写真(術前と1年後を比較)

正面M字(左)M字(右)採毛部

mae00



hidari00



migi00



koutoubu00



まとめ

とりあえず大切なのは、AGAの場合、広告などに騙されず医学的根拠のある治療を行うということです。

髪のボリュームがなくなってきたという程度であれば、育毛シャンプーや育毛剤を使えばその場しのぎでボリュームアップはできるかもしれません。

でも、AGAの進行を抑制することはできないので、薄毛が治るわけではありません。「効果がある気がする」というだけで、薄毛ビジネスに騙されるだけです。

なので、本当に薄毛を治したいというのだれば、ガイドライン記載の最も医学的根拠があるとされてる、フィナステリド・ミノキシジルを試していく必要があります。

それでもダメなら、自毛植毛です。ガイドラインにはカツラの記載がありましたが、隠すという目的では使えますが、根本的にAGAが治るわけではありません。

増毛やヘアコンタクトなんかも同様で、メンテナンス費が尋常じゃないぐらいかかってきますので、それであれば自毛植毛を検討したほうが賢い選択です。

もしかしたら、自毛植毛の推奨度がAではなくBという点に引っ掛かっているかもしれませんが、これは医師の技術レベルで失敗したという事例が存在するからです。

そのため、ガイドライン内でも下記のように明記されています。

自毛植毛術のエビデンス・レベルは必ずしも高いとは言えないが、フィナステリド内服やミノキシジル外用による効果が十分でない症例に対して、他に手段がない状況,国内外における膨大な診療実績、また患者の病悩を考慮し、委員会としては十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限り、推奨度Bとして推奨する。

つまり、自毛植毛はフィナステリドやミノキシジルで改善できない場合で、かつ、十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限り推奨できるということです。

なので、「家から近いから」や「安いから」という理由でクリニックを選ぶのは絶対にやめてくださいね。